2009年07月07日

今度は

 お兄ちゃんと誕生日が一週間も違わないワンちゃんが、今朝(7/6)、天国へ行ってしまったそうです。

 勿論、同い年。そんな訳で、彼の存在を知った時、この年のこの月に生まれた男共は生まれつき身体が弱い宿命を背負っているのだろうか?と唸ってしまったほどでした。

 ウチの方が遥かに先にガン宣告されて、体重も急に軽くなったりしてと、今年の春は迎えられないだろうと覚悟していたのに、何とか踏ん張ってくれています。
 勿論、悪魔がいつ出現するのか分からないという恐怖はあるけれど、その日を怯えて迎えても仕方ないことは分かっているし、考えてもキリがないので、治療方針は発病してから決めることにしています。

 動物を飼っている限りは避けられない道だと理性では分かっていても、その時がきたら、楽しい時間をプレゼントしてくれたことへの感謝の気持ちもすっかり忘れて、かなり落ち込むかと…… 

mokkon at 01:32│Comments(0)TrackBack(0) 猫日記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔