2012年06月28日

運命の赤い糸 (^▽^)

0628



 ↑ 外が暗くなってから撮った写真なので、写りが悪いです。


 実はこの猫さん、ご近所の人が引っ越す時に捨てられた猫だそうな。そんな彼女はマンションの敷地内に入り込み、せっせとリクルート活動。
 私も随分と粉をかけられたのですが(日本語が間違っています)、経済的なこともあり、連日、丁重にお断り。でも、ついて来ると言っても、EVホールまで。頭も良いし、明るい性格なので、何とかしてあげたいと思いつつも、何もしてあげられなくて、落ち込んでいました。

 そうしたら、先日、キャリーバッグに入れられた状態で、EVの中で遭遇。去年の夏に愛猫を亡くして、もう飼うつもりはなかったけれど、彼女の頭の良さと性格に決心したとのこと。でも、餌を食い逃げされるばかりで、抱っこもさせてくれなくて、自宅へ引きずり込むのに時間がかかったとのことでした。でもって、ルーフバルコニーで遊ばせていたら脱走されそうになったため、慌てて、脱走対策。以前に飼われていた猫に脱走されて二週間も帰ってこなかったこともあるので、脱走防止グッズは出して、再設置するだけだったみたいです。
 マンション内の数少ない広いバルコニーのあるお宅なので、楽しい生活が送れると信じています。

 避妊手術済みだったので、以前の方もちゃんと飼っていたことは分かるのですが、何とかならなかったのでしょうか?という本音もあります。たまたま、ウチのマンションに迷いこんで、たまたま、タイミング良く新しい家族が見つかったから良かったけど。
 何があっても、猫を優先して暮らしてきた私には、置いていった人の気持ちが理解できません。ただ、本当に近所の人が置いていったのかどうか?は、私は疑問に思っています。どのお宅で飼われていたのか?という特定情報を聞いてないし、管理人さんも誰かがそんなことを言ってた程度で話していたので。
 遠くに住んでいる人が、捨てに来た可能性も完全には否定できないと思うので。ウチのマンションの構造的には、以前のアパート同様、放置されても気づかれにくいので。特に駐車場側は昼間でも人通りが少ないし、防犯カメラも設置されていないので。

 とりあえず、今回は人間も猫も互いに幸せになれたパターンで良かったです。EVで遭遇したのも、病院へ連れて行かれた帰りでした




 大事なシーンでも噛む姿に、さすが!と思ってしまいました。でもやっぱり恐かったけど…… 自分の病気対策に、冬に1週間程度、猫同伴で太陽を浴びに行きたいような島だなぁと思って、ワンセグ録画を見ていました。日焼けはしたくないけれど、星や海も綺麗そう


 4月、2日目の公演を観に行った時までは、何ともなかったと言うか、いつもの笑顔に見えたのですが。

 八王子は徹夜組が出るのかな? 揉めなきゃ良いけど……と、気になっています。若ければ、私も並びに行ったんじゃないかな?と思います。

mokkon at 21:31│Comments(0) 猫日記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔