2013年08月24日

神宮の花火2013(レポではありません!!!)





 先週末の日曜の夜はレポがUPしていなくて、参加された皆様、お疲れだなぁ……と思っていたら、昨夜はたくさんレポがUPされていて、感謝感謝でございます

 楽しそうで、羨ましい限り
 >だからって、一ヶ月も体調を崩しそうな場所へ出かけるのもね……

 キンキも出ているので、本当、今年は観に行きたかったです

 建物や会場の中へ入ると何でもないけど、駅から建物までがね……という場所が幾つかありまして、あの劇場もその一つ……

 今年はやっとチケットをGET  でも、張り切っているJr.達に握手やハイタッチして頂くのも申し訳なくて、優馬の時だけハイタッチをGET   後は大人しく舞台を観ていたのですが、やたらと翼君と目が合った様な……
 翼君は若いお嬢さん達か最前列しかいじらないみたいなので、やはり大人しくしていまして、通路を歩いてくれない屋良君にガックリ


 優馬、整骨院で矯正して貰った方が良いなぁと思いました。最初は気付いていなかったのですが、途中、裸足なのに足音がベタベタと聞こえてきたので、
 「もしや……」と思って注意して見ていたら、後姿を見た時に納得。肩の高さが左右対称ではありませんでした。
 日常生活の癖が原因かもしれないけれど、ケガする前に骨格を治して欲しい。
 いきなり、バキバキやるのではなく、まずは筋肉を外せる先生に当たると良いのですが……
 整体でも、できる先生もいれば、整骨でもできない先生か居て、こんな時は紹介して貰うのが一番なんですけどね……

 連絡がとれる状況なら、以前に住んでいた所の先生か、最近、渋谷の一等地へ移ってしまった先生を紹介したいところ。

 客席の平均年齢の高さに、驚きました。私が観劇した日は演舞場より高かったような



 そして、帰り道が地獄……  渋谷方面へ歩くと体調を崩すことは過去に何度か経験済みなのと、往路は何ともなかったので、来た道と同じ道を帰ったら……

 一週間程過ぎて私の体調が落ち着いた頃、猫が五日間も、食べない、飲まない、トイレも行かない。
 おまけに診察ミスだけで3万6千円が飛んでしまい、以前に住んでいた所の獣医さんへ連れて行き、やっと復活。結局、正しい(?)診察代に3万8千円と交通費が消えたのでした
 近所の獣医さんは、強く言って、何とか補液はして貰えたけど、ステロイドも結局は出して貰えませんでした。
 原因は老化ですが、発症した理由は私の推測で当たっていると、以前に住んでいた所の獣医さんからも、新たに紹介された獣医さんからも言われました。
 新たに紹介された獣医さんから、電車を乗り継いで30分はかかるため、近所で別の獣医さんを探した方が良いと言われましたが、
 「紹介以外は、恐くなったので……」と言うと、その場で調べては下さったものの、私の自宅の近辺に知り合いの獣医さんが居ないことが分かっただけでした。

 以前、お世話になっていた獣医さん曰く、補液の量が足りていないことや、今回の場合はステロイドが有効という私の考えも当たっているとのことでした。

 話が変わりまして、その以前、お世話になっていた獣医さん、出身校よりも診察の腕が気になる私は、出身校を全く気にしていませんでした。ただ、腕が良い分、性格の癖があって、助手の人が定着率がとても悪い環境でした。でも、緊急性があるかどうか?を電話で快く対応して頂けるのと、緊急時は365日24時間対応して頂けるので、安心してお世話になっていました。
 そして今回、その先生から紹介を受けて、ステロイド注射や経過観察の診察で2回、観て頂いた先生が、ポロリと大学名を漏らして、びっくり……

 御二人共に、とても気さくで、症状を良く聞いて下さる先生です。ただ、助手の人達に対して、言わなきゃ分かって貰えないことに対して苛々してしまうのは、天才気質特有なのかな?と納得したのでした。
 ちなみに、電車で30分の先生は本当に年中無休でビックリです。
 大阪にも、同じような先生、居ましたけどね。大阪の方の先生は、他の病院がお休みなのと、釣り具を飲み込む猫が多いので、日曜の朝を開ける分、月曜の午前は休診にされていました。

 突然の金欠に、その時、手元にあったチケットは全て処分……
 でもね、お金をかけた分、長生きして欲しいです。もう走り回ることすら、止めなきゃいけない状況になってしまいましたが。

mokkon at 22:00│Comments(0) 音楽 | 猫日記

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔