2013年11月26日

翼君、お疲れ様でした〜〜〜!!!!!





 昨夜、夜更かしを待っていたら、いきなりCMが流れまして、驚きました。でも、内容が面白くて、すぐに笑ってしまいました。私は去年より、今年のバージョンの方が好きです




 お口にチャックや、書いてはいけないことは、書かないとして……

 良い作品でしたね

 ただ、お芝居を観慣れていない人にとっては、難しい作品だったかと……

 吉本や松竹の舞台中継が多い、関西へ持ってゆけば、反応はもっと大きいかと……

 でも、パンフに書いてあった通り、あの関西もどきの言葉はちょっと……


 それに、道頓堀と千日前なら、私、歩くけど?と、心の中で突っ込み


 あと、東京大空襲のあった時、隅田川沿いの被害ばかりがとりあげられて、渋谷区や中野・杉並エリアも大変なことになっていたことが、余り知られていないことも悲しい……

 渋谷区に住んでいた時、実際に避難して生き延びた人から、空襲時の様子や翌朝の光景とか聞いています。ただ、表現が悪いけど、前回のオリンピックや開発で、面影が残っていないんですけどね……

 大阪大空襲の時も、ひどかったみたいですが、何故かこちらは事前に情報を知っていた人達が居て、私が以前にテレビで見た限りでは、その夜に限って、ガスがちゃんと出て、教えられていた通りに、御飯をたくさん炊いていた人や、真夜中に地下鉄が動いて、それに乗ってキタ界隈へ逃げて助かったりとかね……


 満州で生まれ育った富裕層の人の話を聞いたことがあるのですが、学校が長期休暇になる度に、内地へ(羽田)で遊びに連れて行って貰っていて、終戦より前に、内地へ引き揚げていたとのこと。
 もう一人、父親を早くに亡くしていたので、暫くは部屋を借りて中国に残っていたという人もいらっしゃいました。

 富裕層の方にとっては、今も満州が生まれ故郷。暫く中国に残られた方は、開拓民ではないけれど、満州へ移住された方でした。

 あと、特攻の生き残りの人達も含めて、本当、喋ってくれる人には、喋って貰わないと、当時のことが残せなくなってしまう……


 私は酔った三人が肩をくんで歩くシーンと、三人で映画を作ろう!と盛り上がる、あの夜明け前のシーンで、感動して泣いてしまいました。

 泣くのが早すぎたせいか、二部の最後で周囲の人達が泣いていた時は、結構、冷静でした。
>ごめんなさい

 満映の会長が、辞めるのなら、退職金を払うから、明日、会長室へいらっしゃいというと言うシーンや潔い自決シーンも、感動……


 普段、気にせず座っている私が、再度、幕が開いて、出演者の人達が順番に登場される時に、周囲をキョロキョロ、皆、立とうよ!と心の中で叫んでました
 三方へのお辞儀の時には、再度、キョロキョロしてしまいました。

 どうでも良い話ですが、衣装のせい? 私は山科愛さん(字が違っているかも)のお辞儀が好きでした。


 再演して欲しい! ドラマ化でも良い!(あの役者さん達を集めて、ドラマのロケに無理があることは理解できるので、特別ドラマによく出演されている、他の役者さんが出ることになると思いますが)

 歌舞伎、新派が好きな私には、ウハウハのキャストでした。他にも、テレビのドラマでおみかけする役者さんが多数出演。


 個人的なお話ですが、大好きな女優さんが観劇に来られてまして、それとは関係なく、近くで派手に転んでしまい、心配の声を二度も掛けて頂いたことが、嬉しいよりも恥ずかしかったです
 びっくりされたそのお顔を拝見できただけで、十分……

 現場を見ていた会場スタッフは無反応! さすが演舞場 そんなものかと……

 そして、新しい恋の予感
 単純に、好きな役者さんが増えそうな気が……

 まぁ、一番好きな人が、今年はイベントと慰問でしかコンサートやってくれなかったから、楽しみも増やさないとね……
 経済的な事情と闘いながら!

 という訳で、奮発しすぎたことが重なったので、来月、再来月と新派はお休み……
 歌舞伎で、七公演のお出かけ 演舞場が昼・夜同じ演目で良かった

mokkon at 22:00│Comments(0) 音楽 | 銀座

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔