2016年03月27日

何か嬉しかった






 ぼんやりとテレビのリモコンをいじっていたら、長く、ドラマに出てくれていない人の番組をやっていたので、ぼ〜〜〜と観ていたら、最後の方でいかにも長く財布に入れていました状態のポチ袋がカメラの前に……

 私が生前、最後に写真を見たのは、この人が“徹子の部屋”で見せてくれた舞台のちらしを両手で高くかかげている姿で、まさかあの年の秋、亡くなるとは思っていなかったので、いつも通り、
      観たものは消去
を実行。長く悔いていたことを、久しぶりに思い出しました。

 今日、ポチ袋、勿論、そんなつもりではないと思うけど、ピカイチ君、見せてくれてありがとう



 心がほっこりとしました。
 去年は、ん〜〜〜という事故もあったけれど、今年は無事に何事もなく千秋楽の幕が下りますように。そして、この舞台がずっと続いてゆきます様に

 そして四月、無事に幕が開いて、何事もなく千秋楽の幕が下りますように。

 年末、または秋頃から、きっと若い人達にお年玉を用意すること、忙しくても、楽しみだったのでしょうね。自身のお子さんやお孫さんにプレゼントする大家族のお婆ちゃまか、母親気分で。


mokkon at 17:14│Comments(0) J系 | 森光子さん

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔