2016年04月13日

ケガですか……






 舞台は生き物だから、火事が起きても、マジックに失敗しても(何故か、失敗に当たり易かった私)、舞台装置が動かないことがあっても仕方がないけど、他の出演者のケガとなると、気持ちは複雑……

 悪化させないで下さいね の一言につきます。

 プロ根性よりも、あの時、静養していれば……という後悔が未来に起こりませんようにと、今は、ただ、ただ、祈るばかりです。

 だって、リベンジは未来でも出来るけど、治療とか療養とかは大丈夫なのかな?みたいな……



 話は違いますが、三月、大好きな雀右衛門さんの襲名披露公演へ行ったら、開演前からロビーで、ん?という案内が流れていて、でも、テレビで流れた顔寄せの時の映像には、やはり大好きな菊五郎さんの姿が映っていたことを帰宅してから再確認。
 結局は胃潰瘍だったとのことですが、一公演でも多くお孫さんさんとの共演を観たい私としては、ストレス解消かな?とは思うけど、それだも、身体を労わって欲しいと願っています。
 もしも、魔法がつかえるなら、煙草やお酒を不味く感じる体質に変えたいくらいです

 好きな役者さんが、あちらの世界へ行ってしまうのは淋しい。勘三郎さんも、團十郎さんも、お孫さんの初舞台に共に立つということが叶わなかったので、助六のメイン三人の一人として、元気でいて頂きたいです。

mokkon at 20:47│Comments(0) J系 | 歌舞伎 とかね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔