2016年07月06日

やはり、おかしい!






 “ワンピース”公演での転売に比べたら、滝沢歌舞伎の転売なんて可愛らしいもの!と思っている私ですが、今日、またイヤな出品を発見しました。

 まだ発売は始まっていない筈なのですが、後援会とかの先行発売なのでしょうか?

 以前に、私はこちらのブログで、こんなことを書きました。

 でも、今夜、こんな出品を見つけました。確かに、定価より安い金額で出品されているし、落札価格もどうなるのか?は不明ですが。

 おまけに、今月の歌舞伎公演も業者か転売してます。手数料は千円しか取ってませんが。そちらの方が、余程、問題という気がします。

 
 五月の千秋楽、7列の30番台を出品された方が何者か?を是非、知りたいです。
 チケット発送前に、チケットが手元に届くって、有りえない訳ですから。
 それとも、一般発売の枠があったのでしょうか?

 ただでさえ、ゲストやあの人達が原因でチケットが高騰!

 私が本当に観たい舞台とも、かけ離れる一方……


 トレードが成立しないから、転売。それがダメなら、チケットの買戻しを手数料無しで、実施して欲しいです。

 定価譲渡なんて書き込もうものなら、どれだけの問い合わせがくるのだろう?とゾッとしますし、転売されないか?と不安は大きいです。
 だったら、自分で転売して、直前に渡した方がどれだけ安心か……

 今は、チケット購入に関しては、面白いコミュニティもありまして、とても現実的で良いと思います。




 と言うか、本当、昔みたく、SS席〜C席に分けるとか、千秋楽は最低5万からチケット販売して、何処かへ寄付でもすれば良いのにが本音です。
 あと、あのスポーツ(?)みたく、特等席エリアの人達は椅子が持って帰れて、記念品がつくとかね。

 チケキャンなんてものが登場してから、本当の相場が分からなくなりました(−_−;)
 五月の千秋楽、粘り勝ちした人達が何人もいらしたようで、羨ましいかぎりでした(^▽^)b
 私には無理…… しっかりと確保したい派でございます(根性が足りないので)
 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔