猫日記

2007年01月21日

さて、コレは誰でしょう?

9cd1ad9f.jpg 一緒に暮らしている私でさえ、あれ?と思う写真なので、掲載してみました♪ 正解は後日(^▽^)

mokkon at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月20日

有り得ない(ー。ー;)

 今朝、起きたら、玄関のたたきに、昨夜、ゴミ箱へ入れ忘れていた生ゴミが移動されていた上に、中の物が散乱されていました。

 更に…… テーブルの上に置いていたテーブル布巾(ウチに、炬燵は無いです)を誰かが、鞄の中に放り込んでいました。
 と書いても、こんなことをする奴、我が家には1人しかいませんけどね……

 お兄ちゃんも一時期、生ゴミ漁りがひどくて、ゴミ箱を倒して、蓋を外してまでも生ゴミ袋を引っ張り出していたので、すぐにゴミ箱を買い換えました。今はペダル式なので、倒されただけでは、蓋は開きません。今は生ゴミ袋をいじると、どうなるか?を、ちゃんと理解しているので、おバカな真似はしなくなりました。




 1014MHzって、どこの局なのでしょう? 800MHzだと雑音だらけで入らなかったので、ゴ
ソゴソとチューナーをいじってたら、1014MHzで入りました。
 ウツが時代劇好きって、知らなかったし、予想外! 大奥や大河も見入ってる
のかな?
 別に変ではないけど、感想とか聞いてみたい所。

 昨夜は何時からゲスト出演だったのかな? さんまちゃん《ファンではないけれど、さんまのまんまと、明石家電視台は好きなのです。と言っても、電視台はネットされてませんが。というか、関東にネットされたらゲストコーナーで、ゲストが大人しくなってしまいそうな気も(汗)》、見たかったので、26時までTVに見入ってました。

 新曲の君への道も、親子愛の曲なのかな? でも、既に親になってる人で、お嬢さんがいる人は20歳の誕生日か、成人の日に使える筈、少し先の話だとは思いますが♪

 やっぱり、大晦日は体調が悪かったのか、ラジオの方がすんなりと、詞も曲も頭に入ってきました。

mokkon at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月27日

呪われてる……

 最近、仕事が、何で?と思うことばかりで、今日も、したくない残業をするハメに……
 >正しくは、帰りたいのに帰れない(ё_ё)

 今日に至っては、帰る間際に、
 「最近、100人の疫病神を背負ってる気分……」と、こぼしていました。
 >ジョークではなく、真面目に(ё_ё)


 そして、今日の残業は悲劇を招いてくれました。
 一昨日、まだ紙砂はあるから新しい紙砂は次のお休み(水曜)に買えば良いと思っていたのに、昨夜、チビ助が下痢をしました。
 単に下痢だけなら、何ともないのですが、トロトロのウンチを、本人は必死に隠しているつもりなのですが、ウンチがトイレ中に散乱してしまう癖があるので、紙砂の消費が大変なことに(ё_ё)

 トイレ終了と同時に、猫のトイレから放り出しても私がポリ袋を用意している間にトイレに戻って、ウンチを紙中に散乱…… _| ̄|○
 そんな訳で、今日はさっさと退社して、会社帰りに紙砂を買う予定がダメになってしまったので、近所のコンビニを全て覗いてみましたが、ダメでした…… _| ̄|○
 スーパーは紙砂の取り扱いをとっくに止めているので、どうしようもないです…… _| ̄|○
 明日も残業になろうものなら、電車に乗って往復するお店へ行かなければならない訳で、今から、明日が不安です…… _| ̄|○


 チビ助の下痢は精神的なものというか(お兄ちゃんみたく、グッタリしないのと、体重的に成猫なので緊急性はないです)、きっかけは私も現場を見ていたので知っているし、病気でもないので、新ビオフェルミンを服ませて、暫く様子見です。
 自分で蒔いた種ですからd(^^;)

 久しぶりにお姉ちゃんにマウントしようとしたことが原因で、逆に、しばき倒されていました。

mokkon at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月15日

不思議現象

 帰ってきたら、居間に置いてあった筈の座布団が、玄関近くへ移動していた。
 猫が運べるサイズでも、重さでもないのに、座布団が動かされていたので、どうやって動かしたのだろう?と、頭の中が?マークで一杯になってしまいました。

mokkon at 22:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月05日

割り切り

 今日は久しぶりにマッサージへ行ってきました。背中が凝っていると思って行ったのに、現実は足がガチガチでした。
 昨夜も、30分ほど足欲をしてから、お風呂に入ったのに… ジムで足の筋肉をほぐしている時も凝りの自覚はなかったので、凄く驚いてます。
 ひどく痛かったので、明日、揉み返しで発熱しないかな?と、気になるところ……
 1時間5千円なので、普通かな?と思っています。
 施術が始まった直後に凝りがひどすぎるからということで、針治療を進められましたが、事情を話して、マッサージだけにして貰ったのですが、本当は針も受けたい所。最近は、脳の奥まで凝ってしまっているので。


 猫が行方不明になっただけで、ノイローゼ気味だったと書きましたが、そんな私がペットを亡くすとどうなるか?と言うと、泣くだけ泣いたら、終わりです。
 立ち直るのに、一週間かかったことがない程、サッパリとしています。
 死んだものはどうしようもないということで、諦めというよりも、割り切りが強いのかもしれません。加えて、看取ったり、飼い主の人達から最期を聞くことで、
 「もう、この世にいない……」という感情が強く出てくるのです。
 どんなに可愛がっていたコでさえも、そんな感じで、泣くだけ泣いたら、終わり。
 例えるなら、毎月の給与明細から天引きされている所得税ではなく、年に一度振り込み票がやってくる住民税を払う時と同じ程度の諦めしかないのです。
 もしかしたら、身内が死んでも一週間と引きづらないので、死に対する割り切りが、ひどく強いのかもしれません。

 人は簡単には増えないけれど、ペットの場合は、暫くすると、新しいペットを飼いたくなるのです。私の場合は、やはり何か傍に居た方が心が安心しますから。
 例え物を破壊して、2日に一度は怒鳴っているいるコでも(^^;)←何度も書いてますが、仔猫って、そんなものなのです。加えて、
 「現行犯でなければ叱られないもん♪」という誤解を避けるべく、週に一度は、これからも、帰宅から10秒以内に怒鳴り続ける生活が暫くは続きそうです。

mokkon at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月04日

何となく平穏

 今日は久しぶりに、土曜の夜らしい過ごし方をしました。
 それってどんなのか?というと、単純に、19:00〜21:00はフジTVを観るだけなのですが(^^;)

 チビ助に脱走され、何処をどう捜しても見つからず、お百度参りと新聞広告以外、やれることは全てやったのに見つからず、かなり落ち込んでいましたが、無事に見つけて、連れ帰ることができました。
 脱走と言っても、初めてでもなかったのと、自分の家が何処か?は分かっているので、またか…程度にしか考えていなかったのが、1時間を過ぎても帰ってこなかったことで、慌てて捜し始めたのですが、捜しに行ったタイミングの問題で、予想通りのお宅に迷い込んで(以前、お兄ちゃんが脱走した時も迷い込んだお宅です)いた様なのですが、そこからが最悪…

 縁の下に潜り込んだチビ助が保護できなかったので、助っ人を呼ばれたのですが、その助っ人の人がちょっと…
 私がチビ助を見つけて、名前を呼びながら追いかけっこ状態になった時、迷い込んだお宅の人と保護されていた両方のお宅から人が出て来られたのですが、迷い込んだお宅の人は、飼い猫なのは明らかだから、貼り紙でもして飼い主を探そうとされたのを、保護した人が自宅に連れ帰って、そのままだったとのこと。
 通りで、何処を捜しても居ない訳です。
 ええ、勝手に保護して頂いた家の人からはネチネチと言われたので、
 「近所でキャットフードを扱っているお店には全て貼り紙をしていたんですけどね…」と言いましたが、
 「そんなの見てないわよ!」の一言。

 前提を説明すると、チビ助を勝手に保護していた家は、いわゆる猫屋敷で、野良猫に餌だけ与える人なのです。で、ウチの大家さんとも揉めている人とということもあって、正直、私も拘りたくない訳なんですね。
 加えて、ウチの場所を知っているコだという話をした時は完全にシカト。でも、その時、迷い込んだお宅の人は、
 「そうよね、すぐに解放してあげれば、おウチに帰れたのよね…」と、完全に恐縮モード。

 3日を過ぎても、帰ってこなかったので、既に他所のお宅に飼われているかもしれないけれど、それでも無事は確認したいと思って捜していましたが、問答無用で連れ帰りました。その後、チビ助は、お兄ちゃん同様、外出禁止令を出しています。

 他にも、もう1軒、猫屋敷はあって、そっちは見に行っていたのですが、まさか、大家さん&他の御近所さんと揉めている人に飼われていたとは、私も想像していませんでした。私も嫌われていることは分かっていたし、平穏に暮らしたいので、ウチの猫を見かけませんでしたか?と、訊く気にもなれないでいたのでした。
 おまけに、チビ助だけ自宅から出さなかったって、どういうこと?とも思う訳なのです。更なるおまけは、
 「アンタの部屋では、このコを飼い始めてから、猫を見かけるようになったのよねぇ」とまで、ほざかれました。
 えぇ、明らかに、ウチの猫だと分かっていて飼っていた訳ですよ、あのオバサンは!

 「だったら、どうして私が抱えていた紙砂を投げ出してチビ助と追っかけっこをしている訳よ? 加えて、アンタんチから、どうしてウチが見えるのよ? アパートの人は、皆、私が越してきた時から猫を飼っているのを知っているわよ!」と、怒鳴り返してみたかった……(ー_ー;)

 今宵もチビ助の兄弟は屋外で、寝ている訳で、チビ助を飼いたいのなら、私が保護する前に、先に保護できていた訳ですから。
 でも、チビ助が戻ってくるのと入れ替わりに、兄弟の1人を全く見かけなくなったので、もしかしたら、そのコが室内で飼われているのかもしれませんが。

 本当、タイミング的な問題で探し出せなくて、行方不明期間も長かったので、体格的にはしっかり成長して帰ってきましたですよ、ハイ。
 こういうのって、お金を持っている人だったら、誘拐された!ということで、訴えていると思うんですけど… どう考えても、確信犯で自宅内で飼育していた訳ですから。
 チビ助は懸賞金をかけて捜していましたが(猫に興味を持っていない人でも、お金に興味を持っている人なら、動いて頂けると思ったから)、お礼も言わずに連れ帰る結末となってしまいました。



 お兄ちゃんの前に飼っていた猫は、預け先で脱走してしまい、その後、どう捜しても見つからず、ペットロスもひどくなったので、お兄ちゃんを飼った訳ですが、ここまで猫の数を増やすことになるとは、私も思っていませんでした。でも、複数飼い、特に3匹になって以降、猫のルールは猫で決めることが明確化になったし、1人が遊びたい時、どちらかが相手をする様になるので、私は眺めているだけと楽です。
 えぇ、反比例する様に、猫の養育費と世話にかかる時間は増えてますけれどネd(^^;)

mokkon at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月27日

色々とありまして

 只今、ノイローゼに近い状態です。まともなのは、会社の敷地内だけ。一歩、敷地から出ると、
 「もうダメ……」って感じです。


 今日あたり、やっと精神的に落ち着いてはきたのかな?とは思うけど、心の中が空っぽで、ボーっと座り込んでるか、ノイローゼ状態の2つに1つです。

 詳しく書ける日が来たら、その時に…… 2度目のことなので、時間が解決してくれることは分かっているけれど、ひどく辛くて、前回とは違って、身体も動くから、余計にキツいのです。
 前回も立ち直るのに、とても長くかかったので、今回もかなり時間がかかかるかと……
 そんな訳で、完全に米米どころではなくなってしまいました。
 勿論、家に閉じこもっているばかりでもないし、今回は自分の時間も大切にすることで、懸命に視線を他所へ向けているけれど、そんな時間が終わった瞬間、心が暗闇へと向かうのです。


 お兄ちゃんに何かあった訳ではありません、念の為。と言うか、この上、お兄ちゃんに何かあろうものなら、精神的な重荷に耐え切れなくなってしまうと思います。

 良い方に転がって欲しい!!!!!

25:33

mokkon at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月08日

学習能力

 結局、出て行ってくれそうにないので、ウチにいることになりそうです、8月に保護したノラさんは。
 猫のエンゲル係数が高すぎ! そもそもは、私が上げた訳ではないです、根本的な原因は話が長くなるので省略しますが。
 近所のスーパーがフードを値下げしてくれてホッとしていたのも束の間、私のエンゲル係数が落ちる一方です。と言っても、猫の食費より、サプリ代が苦しいのが本音!

 ただ、ウチにきた直後から、私の具合が悪くて(まだスッキリしなくて、仕事の日は緊張して、まだマシだけど、休日はひどいもんです。最近、薬が効かなくなってきていますから)、そういう意味では申し訳ないと言うか、可哀想だなと思っています。でも、私の病気で一番、重荷を背負わしたのはお兄ちゃんなのは事実。

 で、今夜、またチビネコがベランダから落ちました。ベランダから物音が聞こえたので、てつきりプランターを倒しただけだと思っていたのに、姿が見えず、猫好きのお隣さんが、私が猫の名前を呼んでいるのを聞いて、
 「ウチには来ていないわよ」と声を掛けてくださったので、また落ちたか……と思い、猫を拾いに行くべく玄関のドアを開いたら、
 「ただいま!(゚▽゚;)」と、帰宅。一度落ちた時は階下の部屋のエアコンの奥に入り込んでフリーズしたいたのに、2度目は帰り道を覚えていたらしいです。
 お兄ちゃんみたく、一度出て行ったら、強引にバスタオルに包まないと連れ戻せない猫ではないと分かって一安心。
 でもさ、ダニにもノミにもアレルギーがあるので、やはり外へは出ないで欲しい。以前にも書きましたが、人間用のフロントラインが販売されない限り、外には出せないです。




 事件はリアルタイムで起こっていても、リアルタイムでは見れないです( ̄□ ̄;)
 前作よりは面白そうだけど、初日、予約録画に失敗したので、前提が分からない上に、この人達、いつ離婚したの?みたいな疑問もd(^^;)

mokkon at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月24日

歯の生え変わり

98328e5e.jpg 前歯4本が、一昨日の金曜にやっと全て終わりました。永久歯がでてきてから、乳歯が抜けるまで日数がかなりかかりまして、イライラして見ていたので、さっき、お口をチェックした時にホッとしました。と言っても、奥歯は1本だけ永久歯が頭を出したところなので、私のお口チェックはまだまだ続きそうです。と言っても永久歯に変わってからでも、たまにお口のチェックはしています。歯石がひどいと綿棒でとってあげるか、ティッシュでぬぐってあげるのですが、歯石がひどいのはお兄ちゃん1人なので、歯石も人間と同様に、体質によって、付き方が違うのかな?

 獣医さんの推測だと今で生後4ヶ月とのことなのですが、今で5〜6ヶ月では?と推測しています。と言うのも、タマタマがやたらと立派なんですよね。お兄ちゃんもおチビもウチに来てからタマが育ったというか、立派に膨らんできたのに、既に立派に膨らみきっているように見えるので。
 このままウチにいることになるんだろうなぁ……と、既に諦めモード。ただ、野良として生まれ育っていたので、この部屋は狭すぎるだろうし、ストレスが爆発しないかな?とも気になるところ。

 明日は月曜に加えて、25日。また銀行のATMが混雑してそう…… でも、午前中に、ATMの機械に現金がたくさん補充されるのだろうなぁなんて、バなことも考えてみたりして(^^;)

mokkon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月04日

PCにもたれて……

fc82fa0b.jpg リアルタイムで爆睡中。
 せっかくだったので、写真を撮ってみました

 今夜、洗濯物を片付け終えると同時に、つまらなかったのでTVを消したら、運動会していた猫が一斉にフリーズしたというか、急に我が家が静まったので、振り返ると、何故か顔が凍り付いていました。

 そうか、そんなに、母ちゃんは恐いか……と思いつつ、恐いくらいで調度良いかもねと、心の中で苦笑い。

 お兄ちゃん以外、誰も叱ったことないのに、洗濯物の山に突入した奴は無し。もしかしなくても、イヤなことはイヤというか、されそうでイヤなことは顔に出てしまうのかもね(^ー^;)
 まぁ、そのくらい、にも気遣って貰わないとネ。一応、基本的には野放し教育だし、ルールも甘い筈だと思うので。

 そう言えば、今、1人爆睡している奴はチャレンジャーだと思います。今もって、爪とぎ以外のもので、爪とぎを始めては叱られているのですから。
 もう、普通に爪とぎも使っているから、何処で爪とぎをするのか?は分かっている筈なのに(ー。ー;)
 怒るのイヤだけど、例外を作ると勘違いを起こすので、その度に、
 「面倒クサ〜〜〜〜〜」と思いながら、叱っています。

mokkon at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月28日

人間の錯覚

2877f3cb.jpg 強引に保護してから今日で丸10日が過ぎました。ストレスもたまっている様なので、リードをつけて散歩に出してみることにしました。
 特に外へ出たがる素振りも見せず、玄関付近に近づくこともなかったので単に運動させるべく外へ出すことにしたのですが、これが大間違い!

 しっかりと、10日前までの生活を憶えていたようで、階段をおりてから地面へ下ろした途端、TVで見た野性へ戻される狸のように、猛ダッシュをかけられてしまい、慌てました。
 しかも首輪が一番小さい物をつけているのにブカブカなので、予め念の為にリードの留め具に捻る形で首輪を留めておいて正解でした。
 ちゃっかりと、後方に歩けば首輪が抜ける筈!ということまで計算済みの行動をとられましたから。
 結局、1分ほどアノ手コノ手で脱走しようとするも、私の“念の為”が勝(まさ)っていたので、抱き上げて、父親猫の近くに連れてゆくと、やはり親猫の方は元々が飼い猫だけあって、全く動じてませんでした。強引に連れ帰った時も全く怒っていなかったし、その後、顔を合わせても、全く逃げる気配もなく、平然と近寄れていたくらいなので、今夜も現状を『良し!』と思ってくれているのかな?と、解釈しています。

 その後、仔猫の数が減り、他にも気に掛けていた人達も居たので、誰かが連れ帰ったのかな?とも思う反面、暑さと栄養状態の悪化で、どうにかなったのでは?とも、気になっています。
 ガリガリだった成猫1匹もここ数日、姿を全く見かけなくて、どうなのだろう?と、気になっています。
 こういう時、人なつっこい性格のコは生き残れると思うのですが、そうでないと、どうなのでしょう?


 今夜の写真は猫パンチの途中で、一瞬手がとまった時の写真です。
 猫の猫パンチは猫のストレス解消ですが、爪を出すことはないし、特に痛くもないので、相手する分には楽しいです。寝転がってパンチしている割には、結構、体力を使うのか、成猫でも5分と持たず、ダウンしています♪

mokkon at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月24日

撮影ホヤホヤ

0a622372.jpg 今、こんな顔をして寝ています。遊ぶ姿はピンボケしまくりで、難しいです(^^;)

 すっかり忘れていのに、昨夜からまたお姉ちゃんが赤ちゃん返りを始めました。離乳食じゃあないんだから、御飯くらい1人で食べて下さい(ー。ー;) 食べてくれるだけマシなので、スプーンで、ア〜ンくらい、やりますけどね… おチビに続いて2度目だし、今日は朝から1人で食べているので、おチビが来た時よりはましですがd(^^;)


 昨日、お昼にアイスを食べ、午後にポカリを飲んだのに、帰る途中で、また頭が回らなくなったので、寄り道して抹茶アイスを食べました。いくら私でも、抹茶アイスを食べながら、自分の身体が気持ち悪く感じました、
 「糖分、撮り過ぎだよ……」って感じで。でも、一昨日も帰りにケーキを買って帰ったし、昼間にアイスを食べたし、連夜、今年は梨が安いので、毎晩1コづつ食べている訳で、どうなんだろう?と思い、会社で話したら、あっさりと、
 「それ、ストレスじゃないの?」と言い切られました。

 最近、お豆腐もよく食べたくなるので、蛋白質が不足しているとは思えないけれど、植物性と動物性では栄養が違うのかな?

mokkon at 20:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月23日

猫の居る生活の現実

94d29bec.jpg コロコロ(掃除用)は絶対に必需品!です( ̄^ ̄)b
 と言っても掃除ではなく、お洋服用にですが(^^;)

 ウチには私の帰宅後、着替えが終わるまでは、絶対に(接触という意味で)寄ってきてはダメ!というルールがあり、皆さん、ちゃんと守ってくれるのですが、それでも猫の毛が付着してしまうのでどうしようもありません。
 大きなエチケットブラシも買ってみましたが、何の役にも立ちませんでした_| ̄|○


 で、猫が各々のお気に入りの場所で寛いだり、寝たりしている部屋の中の景色も好きですが、誰かと誰かが、こんな感じで寄り添っているところを見るのも大好きです。
 だからって、人数分のクーラーベッドを用意しているのに、1枚を共用する必要は何処に?という光景もたまにありますが。えぇ、すぐ隣に誰も使っていないクーラーベッドが放置されていたりします、エアコンを消して、やや暑い時でも(ー。ー;)

 一応、
 「暑くない?」と突っ込みを入れるのですが、まぁニコニコしているくらいなので、熱射病にならなければ、別に私も文句はないです♪

mokkon at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

足枕

bf1dfb3e.jpg 大きくなってからやると、ケリが入るよ〜〜〜
 >いえ、大きくなる前に婿に行って欲しい!が本音なんですけれどね。

 なにげに名前が決まっていません。いつもなら、ウチに来る前から名前は決まっていたりするのに…

mokkon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

癒しの寝顔

6072049e.jpg 横顔だけですが、鼻筋がこんな感じで長いというか、正面からだとライオンっぽい顔だなぁと思って見ています♪

mokkon at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月22日

仔猫の居る生活

6818f4e2.jpg 良いことばかり書いても仕方がないので、厳しい現実も書いてみますd(^^;)

 仔犬も仔猫も外見は凄く可愛らしい!と思います。でも実は、私、仔猫や仔犬を飼うことは凄く苦手だったりします(ー。ー;)
 お留守させ難い(何かがあった時、仔犬や仔猫には時間の猶予がないので、近所の獣医さんは、留守電にメッセージを残しておけば、必ず電話が入ります)ことが一番の理由です。
 他にも行動が予測できないのでケガの心配も多いです。あと、ハイテンションなので、私が精神的についてゆくことが難しいのです(^^;) 他所のお宅の仔犬や仔猫の相手は楽しいけれど、自分で飼うとなると躊躇いがとても大きいのに、お兄ちゃん以来、仔猫がやって来るのは4匹目なのでした。
 犬とか家族で飼っていて、大人になって躾がちゃんとできていても、ハイテンションぶりに家族が疲れることもあるようなので、基本的には動物ってそんなものかな?とも思うのですが、ウチのお兄ちゃんみたいに、1歳過ぎた途端に置き物系になられるのもそれはそれでつまんないですが。

 そして我が家の現状はと言うと、
 「そう言えば、仔猫ってこんな感じだったったけ」と、思い出すことが次々と起こっています。
 例えば、(大小を問わず)用を足した後、トイレの紙砂をトイレの外へたくさん出す。これは、カバー付きトイレを使えば問題ないのですが。でも、お兄ちゃんが仔猫の頃からトイレの端っこで用を足したがる都合上、不向きそうなので、我が家では使えません(^^;)
 仔猫が紙砂を外へ出すのは、
 「どのくらい紙砂をかければ自分の出したモノを完璧に隠せるか?」という感覚が掴めていないのと、野性の本能のせいか、人間に出したモノを見られたくないからかな?と解釈しています。大抵、
 「トイレ掃除しろ!」と、怒り出す頃から、過度に紙砂を前足で掻くことはなくなります。これは我が家だけ?
 慣れると、私がトイレの周囲を掃除していても、平然とトイレに入ってきて、出すものを出してます(^^;) そして、用が終わったあとに、私がスコップで紙砂をかけても文句言われません。

 深夜のドタバタも凄いです。おもちゃを全て片付け、他の猫が無視をしても、平然と1人でドタバタと遊んでいます。
 そんな訳で、今日は仕事を休もうかどうしようか?と、ギリギリまで悩んだ程、寝不足しています。
 今宵もどうなることやら… 昨日から、私が一番に起きて、私よりも先に気絶していた猫や、私が気絶した後も遊んでいたであろうチビさんを起こして、朝御飯を食べさせている状況です。勿論、以前もそうでした。
 でも、これだけはそんなに長くは続かないです。仔猫も仔犬も相手しなければ、人間の生活リズムに合わせてくれるようになりますから。その代わり、時々、目覚ましが鳴るより前に、空腹が我慢できなくなって起こされたりしますが。


 でも、笑えることも勿論あります。複数飼いしていないと無理ですが、成猫が機嫌良くシッポをゆっくりと動かしていると、仔猫は必ず猫じゃらしと勘違いを起こして反応します。コレはそんな写真です。

 そうそう、仔猫って寝る前に30分程かけてタップリと運動しても、まだ1人で遊んでいます。
 その元気が私には羨ましいです(^○^;)

mokkon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月21日

食欲旺盛

f52a798f.jpg 証拠写真という訳ではないのですが、食事中の写真をupします。カリカリも猫缶も成猫用しか食べてくれません、せっかく買ったのに… _| ̄|○
 と言うか、下2人の経験から、どうせ食べないだろうなぁと思って、成猫用のフードで良いですよね?と土曜に病院で訊いたのですが、NGを出されたので、せっかく買ってきたのに… と言うか、仔猫用って、そんなにマズいのかな? サイエンスダイエットはのグロースは私も勘弁してよという匂いだけど、他はそうでも無いと思うんだけどなぁ…
 カリカリは食べさせるつもりなかったのですが、お姉ちゃんにねだられた時に、食べさせていたら、脇から顔をお皿に突っ込んでいました。チビも同じような感じで、仔猫用を買ってきても食べませんでした。但し、ウチのチビ(次男)はドライフードを食べるとお腹がゆるくなるので、ウチに来た頃しかドライフードは食べていません。

 ゲージに慣れることと同様に、ドライフードがOK!ということは災害時に心強い猫です。逆に書くと、何かあった時、ウチの長男が不安です(ー。ー;) 長女は性格が大問題だし…

 保護した猫に話を戻しまして、昨日の朝、甘噛みされたので、叱ると同時にまたたびの枝を与えたら、大喜び! トイレトレーニングも1回で終わったし、頭が良いかも!!!
 ウチでは誰も爪とぎを使わないけれど、ラグで爪とぎをしていたので、昨日はちょっと遠回りをして、久々に爪とぎを買ってきました。
 しかし、またたびの粉をふりかけたせいで、お姉ちゃんがすっ飛んできて、全く違う使い方をしていました。お姉ちゃんが飽きた後に使い方を教えたけれど、理解しているのかどうか?が、現時点では不明です。

 ウチは皆さん、バスマットか、段ボール(お兄ちゃんだけ)を好むので、使い古しのバスマットと不要な段ボールで爪とぎをして貰っています。でもって、たまに、お風呂場の前に置いたバスマットで爪とぎをした人に雷が落ちていますが、犯人は1人しかいません。またたびが大好きな猫だけです、叱られても、どう見てもわざとやっているとしか思えないです、奴は……(ー。ー;)

mokkon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月20日

Wクリックで写真が拡大します

7f994ddd.JPG 昨日の夕方、お買い物から帰ってきたら、
 「アンタ、いつからウチにいるのよ?」と、突っ込みを入れたくらい、フツーに寛いでました(^^;)

 かなり人なつっこいみたいですが、ベタベタに寄って来ることもありません。トイレは、昨日、お買い物に出る前にそそうをしましたが、一昨日、保護してから、一度も出していなかったので、
 「やっと出してくれたか」が本音でした。そそうをした直後に一度、きつく叱り、掃除した雑巾を猫のトイレで絞ってから、トイレはここ!とトイレの上でもう一度叱った後は、立派な物もトイレに出していました。
 食欲も旺盛で、ドライも猫缶もどちらも食べているし、お姉ちゃん同様に食物アレルギーも無さそうです。

 頭も良く、性格も普通かな?という感じです。但し、昨夜、布団に引きづり込もうとしたら、拒否されたので、甘えてもくるけど、ドライな面もあり、頭も良さそうなので、おチビに近いかな?と思って見ています。

mokkon at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

健康診断の結果

471c4e7b.jpg 一昨日の夜、PCを落としてから、

・爪切り(ウチの猫と接触した時、何かあると困るから)
・シャンプー(ダニと埃を持ち込まれると私の喘息が出るし、ダニの繁殖を避けるため。あと、ノミを広められたら、猫達も不幸だけど、私はもっと大変な状態になることが、お兄ちゃんの脱走事件で懲りているから)

を済ませました。シャンプー中に死んだノミがシャワーで流れるのを見たので、2回シャンプーした後、5分ほど、首から下、沐浴して頂きました。


 昨日の朝、とっとと健康診断に連れて行ったら、3ヵ月くらいではないか?とのことでした。

 ・耳ダニなし
 ・目も問題なし
 ・便も回虫以外は問題なし
 ・発育状態も良好

という訳で、健康優良児の太鼓判を押して頂けました。回虫は駆虫薬を病院で飲ませて頂いたので、問題無い筈です。勿論、念の為に来週の土曜にもう一度、今度は自宅で駆虫薬を飲ませて下さいとのことでした。
 念の為に、ウチの猫への影響を聞いてみたところ、接触していない上に、昨夜、とっととシャンプーしたので、先ず、問題ない筈とのことでした。それでも、全員分の二ヶ月分のフロントラインを購入し、人間用のものってないんですかね?と真顔で質問した私。
 ワクチンは生後、4ヵ月を経過していない可能性が高いので、もう一度、打ちに来て下さいねということでしたが、これは、犬も猫も2度打つことが普通なので、問題なし。
 生後4ヶ月を過ぎていれば一度で良いのか?と言うと、そうではなく、仔犬や仔猫の免疫力を考えると、60日と90日の2度のワクチンをとっとと済ませた方が安心です。ウチのお兄ちゃんみたく、病院には頻繁に行っていたけれど、一歳近くになるまでワクチンが打てないコの方が、飼っている方がドキドキですから(ー。ー;)



 で、本当は必要無いのに、ウチの猫の検便を企んでいる私。徹夜して起きたまま病院へ連れて行った訳ではないので、私の心の安心材料が欲しい!と思うだけなので。もう、私の神経質な性格には慣れている先生なので、
 「連れてきて貰えれば、検査はしますよ」と返事されていた時のお顔が、完全に、
 「そんな必要はないのに……」という言葉を物語っていました(^^;)

 このページの写真は、病院から連れ帰った後の写真です。大きくなっても電話の上で寛ぐ奴が居たのでカバーを置いたのに、仔猫が来る度に、皆様、潜られます。カレで3人目だぁ(^^;)

mokkon at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ショッキングな写真ですが

ddd0071f.JPG 私みたく、免疫力の弱い人は、まだ触れさせてもくれないノラ猫を強引に捕獲することはお勧めしない旨を明確にするべく、写真をupします。

 左腕の上腕、下腕の写真のみですが、噛み付かれた右腕は土曜の午前中に点滴に行けば良かったと思うくらいに、腫れが長引いてと言うより、範囲が広がって、まだ腫れた部分の発熱が続いています。
 もう、キリがないので、今夜、寝る前に強い抗生物質を服用するつもりでいます。と言うのも、一昨日の夜から念の為に服用を始めた、弱い抗生物質(通常30mgのものを1日2回服用しますが、私の場合15mgです)が原因で、今朝から副作用が出ていまして、でも、ジスロマックという強い抗生物質は副作用が出ないという体質なので。
 かすり傷で内臓まで細菌感染した時、抗生物質の点滴を受ける前のテストでも、強い薬だけアレルギーが出ない体質で、医師を驚かせた上に、モルヒネも問題なしという、本当、訳の分かんない体質ですから。

 勿論、触れさせてもくれない猫を捕獲するので、ケガくらいはするだろうとは覚悟していたけれど、想像以上でした。だから、餌付けしてから捕獲したかったんですけれどね(^^;)

 あと、通常、飼い猫はこんなことはしません。シャワー嫌いの猫だと、やっちゃうこともあるみたいですが。

 猫はそんなつもりではなくても、何らかの偶然が重なった時、引っ掻き傷ができるかもしれません。そういう時、ウチみたく、原則、外へは出さない飼い方だと、外の雑菌が猫の爪に入っていることが有り得ないので、安心です。

mokkon at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月19日

さっき更新した後に……

89e7671e.jpg

 隣接しているお宅の奥さん(保健所に連絡すると言った人)の手前、今宵もさっきブログを更新した後にフードを器に入れて、餌場に行ってみたら、また誰かが餌を放置……(ー。ー;)
 とっとと片付けてきました。
 

 誰がやったことかは分かりませんが、見た瞬間にキレました。
 猫じゃらしで子猫をおびきよせまして、縁がある奴だけ来るだろうと思っていたら、本当に1匹しか来ませんでした。
 でも、触れさせてもくれません…
 格闘すること20分。やっと捕獲できましたが、写真の通り負傷しました。皆さん、ノラの捕獲の際は厚手の服を着込んでからにして下さいね。顔の無傷が奇跡のように、写真に撮れないところまで出血しています。私が叶姉妹並のプロポーションなら、世間にも晒せるのですが、とてもじゃないですがそんなこと(^◇^;)

 消毒はしたけれど、あの病気が不安…

 我が家のトリオは居間で寛いでいたところへ、台所で散々と暴れてから知らない猫が入ってきたので、皆さん、本箱に非難。で、ひっくり返された物を片付けて居間へ戻ると、皆さん本箱から出てきて一点をボーと見つめていたので、視線の先を見ると、子猫が棚にピッタリと収納されていました。

 何度も書いてますが、私、アレルギー検査でダニと埃アレルギーが分かっています。そんな訳で、さっさとシャンプーしたいのに、ケガと子猫の怯え具合を考えると、どうよ?と思うのでした。
 このページの写真も、直ぐ下の3兄弟の写真もWクリックで拡大されます。


 今、ショックなことが分かりました。私、女の子が良かったのに、男でした。それとも、ウチの男共が私にかまってくれないだけなのでしょうか? _| ̄|○

 ちなみに親猫が追ってもこなければ、鳴きもしなかったということは、大きくなって捨てられたせいなのかな?と、チビ助に暴れられながら、考えていました。

 我が家の人数分の数珠が写っていますが、気にしないで下さいd(^^;)

 で、チビ助の写真を御覧になられて興味を持たれた方、是非、ご連絡下さい。里親は今後も募集します。

mokkon at 01:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月29日

ゾッとした体験

 本箱の一番下の段をゴソゴソと片付けていました。本箱と言う程には本は並んでいなくて、物置棚の方が正しい表現になります。
 当然、猫の出入りは自由で、たまに、本箱の奥で下2人が鬼ごっこなんぞをしています。
 今日は暑いので、居間に居たのはは私1人で、ゴソゴソしていた途中で一休みした時も居間に居たのは私1人でした。
 そしてゴソゴソが終わり、本箱を背に立ち上がった瞬間、右肩に何か得体の知れないものが触れました。悲鳴をあげるなんてことを余裕で超越した程、驚きと恐怖に見舞われつつ、ゆっくりと振り返ると……

 霊的なことで、ここまでハッキリと相手の感触を認識したことがなかったので、本当に怖かったのです。



 お姉! あんなたいつの間に、本箱に潜り込んでたのよ!

 しかも、普段なら背後から迫ってくる時は絶対にフンフンと鼻を鳴らしながら、髪の匂いをかいでくるのに、今日はボーと顔だけ出して、微動だにせず状態。
 しかも、私が立ち上がろうとした時、確かに本箱に猫が入っていないことを確認したのに、死角になったところに居て、見落としたもよう……

 えぇ、猫を飼っていると、猫が寛ぐスペース近くで立ち上がる前は、頭上確認しなてと、マジメに危ないんです。
 肩に飛び移ろうとしたことに私が気付かなくて、床に変に猫が落ちるのは良い方で、私の顔に猫の爪あとが走ったことも。

 お兄ちゃんに至っては、私のTシャツで蝉になったこともあります。

 ケガはなかったけれど、とても心臓に悪い出来事でした(^^;)

mokkon at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月20日

久々に写真掲載

2005X'masケーキと猫



 テーブルに上がってくれなかったので、左手にケーキ、右手にカメラ状態で撮影(ー。ー;)

 きっと、猫達にとっては、
 「母ちゃん、何やってんだ?」の世界ではないかと(^0^;)

 
 と言うか、去年のケーキって、どうして恐かったのやら(大謎!)


mokkon at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月10日

親バカ5

 午前中、病院へ行った後、商店街でお買い物をしていたら、おもちゃ屋さんに新しい犬のぬいぐるみが並べられているのが目に入ったので、ショーウインドーに近寄ってみると、公衆電話の陰で見えなかっただけで、犬の下には猫が陳列されていて、奥には他の動物達が一杯並んでいました。
 幼稚園の頃、こんな現場を親戚の誰かと通ったら、テコでも動かないところ

 でも、結局は猫のぬいぐるみを見ながら、やはり、ウチの生きている猫達の方がカワイイなぁと、1人で納得し、その場を後にしたのでした。

mokkon at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月06日

ハハの願望5

 昨夜、お風呂上りに、布団を見て考えた。

 「もしも、ウチの猫達が、木下藤吉郎様(字が怪しいけれど、太閤様のことです)の如く、私よりも先に布団の中に潜り込んで温めておいてくれて、私が布団の中へ入ろうとした時に、
 『母ちゃん、あっためといてやったよ!』と言わんばかりの笑顔で、私を迎えてくれて、改めて4人で眠れたら幸せだろうなぁ……」と。

 ええっ、勿論、私の夢でございます。単純に寒い布団の中へ入ることがイヤで、猫達が布団を温めておいてくれたら良いのにとは思うのですが、ウチの猫達が冬場に布団の上で寛ぐのは、私が敷布団にヒーターの温風を当てて、敷布団を温めている時だけでございます。もっとも、一昨日なんて、暑すぎ!とイヤがられてしまい、居間には私1人でしたが

1995/12/06/24:35

mokkon at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月04日

猫の一人旅

 アメリカで、ペットとして飼われている猫が近くの製紙工場の中へ入り込んだまでは良かったけれど、コンテナの中へ入ってしまったがために、貨物船でフランスへ運ばれてしまい、現地で保護されたとのこと。
 今日の朝刊に掲載されていたニュースですが、凄いですね〜

 ちょっと脚色すれば、映画になりそうな実話ですね。なんでも、首輪につけられていた標識から、猫の身元が判明したとかで、首輪が外れなくて何よりだったと思いつつ、顔つきがお姉ちゃんに似ているということは、環境の違いで顔つきって、変わるものなのかな?と、考えてしまったのでした。
 ただ、身元が判明してから、検疫のために1ヵ月も出国までに足止めをくらったのは、飼い主の方にとっては経済的に痛い話だっただろうなぁと思うのでした。それとも、フランス政府が金銭面の面倒を見たのかな?
 でも、1ヵ月の足止めで済んだのなら、良い方だと思います。どこぞの国の猫の身に同じことが起ころうものなら、飼い主は一度現地に飛んでから、現地のコーディネイターに高い料金を支払って半年間現地で預かって貰うのか?又は、とりあえず日本に連れ帰ってから、成田近郊の施設に半年も預けるのか?という選択肢しか、用意されていないのですから。

mokkon at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月06日

薄情な子供達

 暖房器具がガスヒーターしかないものの、まだ引っ張り出す程には寒くないけれど、着込んでも寒い!という訳で、夕飯後に、『猫炬燵』を企むも、協力者がいない……
 
 「誰か1人くらい、ハハの膝の上で大人しくしてろい!」と、心の中でだけ叫びつつ、大きな溜息をついたのでした。
 
 
 
 猫缶のCMで、仔猫の寝姿を夫婦で見に行くというものがありますが、ウチは大きくなってからも、多少の雑音では起きない猫ばかり
 あと、猫は成猫でも、一日に20時間は寝て過ごすという説がありまして、ウチの猫達を見ている限り、この説は正しい気がします。
 犬も猫もあっという間に成長してしまうので、飼い始めて1年はマメにカメラのシャッターを押して、いい具合かもしれません
 精神的には、ずっと子供のままでいてくれた方が、飼っている方は楽しいのですが


mokkon at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月29日

シッポ3倍3

 昨夜、寝る前にお姉ちゃんの傍を通ったら、いきなり、
 「ミヤー!」と、大声で叱られました。何で?と思いつつ、慌てて距離を置くと、シッポが3倍に膨らんで、背中は逆毛が立っていました
 
 猫がビックリした時に、シッポを大きく膨らませると同時に、背中が逆毛立っているのを見ることはよくありますが、普通に寛いでいたお姉ちゃんのすぐ横を通っただけだなので、完全に意味不明。
 
 強引に抱き上げて、なだめていたら落ち着いてはきたものの、何となく様子が変。結局は、ケリを入れて、私の胸から去って行きました、私の鼻に後ろ足で引掻き傷をのこして……
 
 でも、気になったので、もう一度、なだめてからお休みなさい。
 ただ、最近のお姉ちゃんは、何も無い方向を見つめていることがあるので、私としては、ちょっと心配
 
 フツーの猫で居て欲しい

mokkon at 23:58|PermalinkComments(0)

2005年10月27日

サバ5

 昨夜の名残りなのか、今夜、夕飯の食事ほするべく、冷蔵庫の扉を開いた途端、←こんな感じで猫が寄ってきた。
 今夜は昨日、スーパーで買ってきた鯖と干瓢の煮物。
 
 そんな訳で、私が冷蔵庫から取り出したものがお刺身ではなかったということで、猫、ガックリ。
 そんな猫の前で、11pmのテーマ曲の、『シャ』を『サ』に変えて歌ってみたものの、やはり、猫にジョークは通じませんでした。




 と言うか、11pm自体、もう話が古すぎると言うか、私でさえ、リアルタイムでは見てない世代です

 今の若い人は電話局も国鉄も知らない世代な訳で、今度は何が消えるのかな?

mokkon at 23:43|PermalinkComments(0)

2005年10月26日

久しぶりにお刺身5

 無理して出勤したら、朝から会社のトイレへ籠もるはめに… 何度かトイレへ駆け込んだものの、午後にはスッキリしていたので、フツーにお昼を食べ、夕飯も食べたのでした。
 原因はよく分からないです。今朝、起きた時から、何か変…とは思っていたものの、家を出る間際になって、急激に気持ち悪くなったので。
 ストレスかな?と、呑気に考えています。
 
 帰りに、回り道してCDショップへ寄ろうかな?とも考えていましたが、体調が悪い上に、一度は止んだ雨がまたまた降り出してきたので、延期することに。でも、本音を書くと、CDを買うお金も、なるべくなら、ライヴのチケット代に回したいので、今もって、いつ買おうか?と考えている面もあったりします
 
 そんな訳で、今日は胃に優しいもので、手抜きしたものを夕飯で食べようと思い、鯖でも煮ようと、会社帰りにスーパーへ寄ったら、タイミング良く、お刺身が特売状態
 でも、1人でお刺身を食べる訳にも行かないので、一番安かったイナダのお刺身を買って帰りまして、久しぶりに猫も大喜び
 「そうそう、美味しそうに一杯食べて、その為に買ってきたんだから(^▽^)」なんぞと言いつつ、猫が好む脂身の多い方を優先的に取り分けてあげていました。と言っても、1匹分くらいだったので、たいした量ではないですが…
 そう言えば、今年は大漁とニュースで言ってる割には、猫缶より、こっちを食べて!と、秋刀魚の塩焼きを猫の夕飯に出すこともなく、秋が終わりそうな様子です。
 



 人口飼育されたコウノトリが飼育係の人に餌をねだる写真を見た時、野生のコウノトリが人に近づくことはあったのかな?と、疑問に思いました。
 いっそのこと、危害は加えてはならないという法律を成立させてから、ペット化した方が、自然繁殖や野生化へ繋がるのではないか?という気も。
 白くて大きな鳥が元気に空を舞っていた頃の方が、日本の食卓も安全だったけれど、そういう考え方を第一種の職業の人達だけに押し付けるだけではなく、高くても日本のものを食べる習慣が定着すると良いなぁと思うのでした。
 今もって、季節外れの果物に抵抗がある私は、かなり旧いタイプの人間なのでしょうが

mokkon at 00:19|PermalinkComments(0)